FC2ブログ

2018臨床眼科学会 ランチョンセミナーx2

今年の臨床眼科学会は初日は近視抑制治療のインストラクションコース講師、2日目と3日目はランチョンセミナーを担当させて頂きました。

2018臨眼ランチョンBL

2018臨眼ランチョンJJ


スポンサーサイト

2018臨床眼科学会 インストラクションコース

慶応大学の鳥居先生にお誘い頂き
2018年臨床眼科学会のインストラクションコースの講師を
担当させて頂きました!

講演を聴きに来て下さる方に
なるべく判り易くお話ししたいと
担当分野を一所懸命勉強していくと
自分の頭の中が整理されていって楽しい!

仲間の先生方のお話しを間近で拝聴するのも
本当に勉強になりますから
こういう機会を頂くのは有難く幸せな事です♪

「近視治療トータルコーディネート」
~メカニズム研究から進行抑制、外科的治療まで~

1. 近視実験動物モデル:世古裕子(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)

2. 近視進行の分子メカニズムと治療ターゲット:栗原俊英(慶應大)

3. 環境因子による近視進行抑制:鳥居秀成(慶應大)

4. メガネ・コンタクトレンズによる近視進行抑制:二宮さゆり(伊丹中央眼科)

5. アトロピン・オルソケラトロジーによる近視進行抑制:木下望(自治医大・さいたま医療センター)

6. 近視矯正手術アップデート:稗田牧(京都府医大)

講演後の集合写真(暗いですが^^; )

P_20181011_102935.jpg


怒涛の7月、、、

6月末から、毎週講演という怒涛の1ヶ月。最後は北京の講演を、無事?!、、、かどうか判らないけど、とにかく終えました!自転車操業で準備に追われるという状況に、お決まりの口唇ヘルペスも発生し、アヒル口になってしまいました💦とはいえ、今では○○学所属という身分も無い私なのに、いろんな講演のお声かけ頂けるということ自体が有難いこと。いろいろな事を教えて下さったお師匠様が、未だに見守って下さってる事をヒシヒシと感じます(感謝!)。
北京の講演後に頂いた感謝状。私、professor ではないんですけど、、、ま、そこは中国の大らかさ。誰でもprofessorだ~

VisionChina感謝状

臨床眼科学会

10月の臨床眼科学会の準備に追われているこの頃。

人前でお話しさせて頂く以上
結構前もっての勉強も要るのです💦

最近は近視抑制の論文ばかり読んでいたけど
大阪大学の高静花先生にお願いして
御論文を送って頂き
一所懸命にドライアイのお勉強中、、、


査読というお仕事

論文を書くと、査読者がチェックし、コメント&アドバイスを著者に返送して下さいます。私も、今まで論文を書いては査読者の先生にみて頂いてきました。査読の先生は大抵2名いらっしゃるのですが、匿名なので、どなたがみてくださったのかは判りません。査読者もいろいろですが、細部までチェックして下さり、「ここをこう直せばもっと良くなるよ」とコメント頂いたときは、修正することによって自分の書いた論文のクオリティーがもっと良くなるので本当に感謝してきました。

そして、年の功?!か、査読を依頼される立場になりました。今まで自分がお世話になってきた分をお返しする番だと思うと、自然と気持ちが入ります。著者になっている気持で何度も読み返し、ここをこうしたらもっと読む人の興味を引きそう、と気が付いたところなどをコメントし、最終稿が医学雑誌に掲載されているのを見ると、こっそり嬉しく思ってしまいます。何分、査読は匿名で行うものなので(笑)。学会会場で偶然著者にお会いしても、何食わぬ顔をしていないといけない。「いい論文でしたね~!」って、話しかけたい衝動にかられるのにね♪

CL査読

プロフィール

にのさゆ

Author:にのさゆ
めいしゃさん
2児のまま

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ご来訪者さま

検索フォーム

リンク