FC2ブログ

査読というお仕事

論文を書くと、査読者がチェックし、コメント&アドバイスを著者に返送して下さいます。私も、今まで論文を書いては査読者の先生にみて頂いてきました。査読の先生は大抵2名いらっしゃるのですが、匿名なので、どなたがみてくださったのかは判りません。査読者もいろいろですが、細部までチェックして下さり、「ここをこう直せばもっと良くなるよ」とコメント頂いたときは、修正することによって自分の書いた論文のクオリティーがもっと良くなるので本当に感謝してきました。

そして、年の功?!か、査読を依頼される立場になりました。今まで自分がお世話になってきた分をお返しする番だと思うと、自然と気持ちが入ります。著者になっている気持で何度も読み返し、ここをこうしたらもっと読む人の興味を引きそう、と気が付いたところなどをコメントし、最終稿が医学雑誌に掲載されているのを見ると、こっそり嬉しく思ってしまいます。何分、査読は匿名で行うものなので(笑)。学会会場で偶然著者にお会いしても、何食わぬ顔をしていないといけない。「いい論文でしたね~!」って、話しかけたい衝動にかられるのにね♪

CL査読
スポンサーサイト

プロフィール

にのさゆ

Author:にのさゆ
めいしゃさん
2児のまま

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご来訪者さま

検索フォーム

リンク